素人っぽさが残る風俗嬢

むしろリアルで良かったかも

彼女、肌がちょっと荒れていました。生理が近いって言っていましたけど、むしろそこにリアルさがあったんですよね。風俗嬢との一戦って、こっちとしても特別ですけど風俗嬢側としても仕事である以上、しっかりとコンディションを整えているものじゃないですか。だから多少とはいえ肌荒れしている彼女を見た時、別に嫌だとかじゃなくて意外と言うか、普段見かけないものを見たという点で新鮮だなって。でも、逆に風俗嬢だからって言っても一人の女の子なんだよなって気持ちにもなりましたね。かえって新鮮な気持ちになるというか、女の子だっていろんな気持ちがあるんだよな…みたいな気持ちになりました(笑)だから彼女相手にはかなり感情移入してしまったかなって思いますね。初対面の風俗嬢相手にあそこまで感情移入することってあんまりないんですよ。彼女に何をしてもらったって訳じゃないんですけど、ふと垣間見た「リアル」な部分にこちらも興奮を隠せなかったんです。

緊張しなくなった理由とは?

昔は風俗で遊んでいる時はどうしても緊張していました。力み過ぎていたんでしょうね(苦笑)どうしても失敗したくないとか、これだけは絶対に譲れないとか妙なポリシーのおかげでどうしても力んでしまっていたんです。でも最近ではあんまり力まなくなったというか、力んだところであんまり意味がないってことに自分でもようやく気付いてきたんです。だから風俗でもあまり緊張せずに女の子と話をしたりシャワーでもリラックスしているので普通に会話が盛り上がったり。そんな時間を過ごせば楽しいので、満足感だって高まるんですよね。こういった好循環がより風俗の経験値を高めてくれるので、緊張しないようになったんじゃないのかなって思っています。自分でもそれなりに経験を積んできているからこそってことですけど、そこに到達するまではそれなりに長かったので、今風俗で遊ぶ時緊張しているという人もいずれはリラックスして相手の女の子と楽しめるんじゃないのかなって。