素人っぽさが残る風俗嬢

快感が押し寄せてきました

あれだけのテクニシャンはこれまでの風俗でもあまり記憶にないんです。とにかく快感が波のようにどんどん押し寄せてくるんです。それだけでも嬉しいものですけど、彼女が凄いなって思ったのはこちらに快感を与えつつ、こちらの反応の細かい部分まで見ているんでしょうね。気持ち良いことはしっかりとリピートしてくれるんです。ちょっとした反応の違いだとは思うんですけど、それを見逃さないのは自分以上に彼女の方がこちらの快感に対して詳しくなってしまったんじゃないかなと思わせるほど(笑)刺激を当てつつ、ツボを探してはピンポイントで攻めてくれるんです。だから快感が全然途切れませんでした。ちょっと体を入れ替えるような時でさえ常にこちらのことを刺激してくれているので全然快感が途切れないんです。すべての面で彼女は、相当ハイレベルな風俗嬢なんじゃないのかなって思ったのは言うまでもありませんし、リピートしたらどうなるんだろうっていう期待感もありますね。

本能がそうさせるからこそでしょう

風俗は理屈じゃないと思うんですよね。風俗を楽しみたいって思う気持ちと言うのはもはや理屈ではなく、男としての本能そのものだと思うんですよ。だって男が求める世界がそこにあるんです。誰もが楽しみたいとか、頻度や距離感を抜きに、興味のある世界なんじゃないかなって思うんですよ。自分もそうです。風俗ではいろんなことを楽しめますので、それで自分の気分が高まるというか、もっともっと楽しみたいとか、こうした形で楽しんでみたらどうなるんだろうとかいろんなことを考えるようになると思うんですよね。それって何気にとっても重要というか、まさに男としての本能そのものが風俗を求めているってことじゃないですか。だからこそ、その本能に対しては忠実でありたいなってことで、遊びたいって思ったその時に風俗で遊ぶようにしていますけど、悪いことをしている訳じゃないんです。遊びたい時に遊ぶので十分なんじゃないかなって気持ちはやっぱりありますよね。